溺れる魚の絵空note.

子育て・役に立つこと・管理人「溺れる魚」の雑記ブログです。

【ハピエストサプライズ】当選の基準や内容・確率・キャストさんの特徴などをまとめてみた。

「溺れる魚」一家は全員(といっても3人ですが…)ディズニーが大好きです。しかし関東圏に住んでいるわけでもなく、行けるとしても数年に1度…2018年の4月に始まった東京ディズニーリゾート35周年「HappiestCelebration!」には「どうしても行きたい!」と妻からの強い要望もあり、妻の出産の労をねぎらう気持ちも込めて、家族が増えてから初めてのディズニー旅行に行ってきました。息子にとってはディズニーデビューになりました。

そんな旅行の最中、「ハピエストサプライズ」なるゲストへのサプライズイベントに運良く当選!ハッピーなディズニー旅行が更にハッピー!まさにHappiestな思い出になりました。

実際の当選を体験したこの機会に、当選内容や時間帯・当選基準などについて考察してみました。これからディズニーリゾートに訪れる方は参考にしてみて下さい。

ゲストに突然訪れる!?ハピエストサプライズとは

今回当選したハピエストサプライズというのは東京ディズニーリゾート35周年を記念して行われているイベント"Happiest Celebration!"の中のイベントの1つです。

※最近、「ハピネスサプライズ」「ハピネストサプライズ」という検索ワードでこのページに来てくれる方がいるようです。ただ、正確には「ハピエストサプライズ」です。おそらく30周年イベント「ザ・ハピネス・イヤー」の頃の記憶と今回の「ハピエスト・セレブレーション」がごちゃ混ぜになっているのだと思います。

 

東京ディズニーリゾート35周年"Happiest Celebration! "
を記念して、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで
期間中毎日、総計35万名に!キャストからゲストの皆さまへ
その日の思い出がもっと“Happiest”になるような体験をプレゼント!

パーク内で、いつ、どこで声をかけられるか
わからないサプライズな企画です。

 

【実施期間】2018年4月15日(日)~2019年3月25日(月)
【対象パーク】東京ディズニーランド/東京ディズニーシー
【対象者】パークに遊びに来ている方を対象にキャストが声をかけます
【賞品】 ご来園当日のショー鑑賞席、ファストパス・チケット、グッズ、メニューなど

 

出典:ハピエストサプライズ|東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”|東京ディズニーリゾート

 なんの前触れもなしにキャストから当選が告げられるサプライズイベントです。

このサプライズに当選したゲストはキャストさんからメダルを受け取ることができます。(下に掲載している写真がそのメダルです。)

f:id:QOLblog:20180503000009j:plain

メダルは薄い樹脂でできていて意外と丈夫な作り。ネックストラップはめちゃくちゃカラフルで東京ディズニーリゾートのロゴ入りでした。

 

なんだか眺めているだけでハピエストな気分にさせてくれます。

 

そしてこのメダル…

ランド・シーでぶら下げているととても目立ちます!

「触らせて下さい!」
「当たったんですか?すごいですね!?」
「あれって・・・ざわ・・・ざわ・・・」

溺れる魚一家も複数人のグループに話しかけられました。ちょっとだけ周りの目線が怖くなります(笑)

「溺れる魚」が当選した時間帯や内容

私達が当選した時間帯は正午頃でした。

子供をベビーカーに乗せていたので、とあるアトラクションで「アトラクション交代利用」のお願いをしました。

私が妻と交代したついで(?)に案内してくれたキャストさんと雑談(どこから来たか?とか子供の話など)をしていたら突然、ハピエストサプライズの話が飛び出してきました。

当選した内容は約1時間半後のキャラクターグリーティングでした。

 

キャストさん:この後、食事の予約など何か予定はありますか?

溺れる魚一行:特に無いです。子供もいるのでノープランで歩きまわってて・・・

キャストさん:待ち時間が短かったら申し訳ないんですけど、○時からの○○○(キャラクター名)のグリーティングに招待させていただいてよろしいですか?

溺れる魚一行:!?!?!?どゆこと???

 

という流れで当選しました。この話の後、パスポートを提示し(QRコード読み取りが必要なため)、確認の後、家族全員分のメダルが貰えました。

実は今回私達にメダルをくれたキャストさんは私達に話しかける直前、他のキャストの方から片手に余るくらいのメダルを受け取って、ポシェットに詰め込んでいました。

私達は子供含めて3人なので、当然ポシェットの中にはメダルが余っているはずです。メダルがなくなるまで当選者を探すのか・・・それとも・・・。想像が膨らみます。

 

当選の確率はどのくらい?

2017年度の東京ディズニーリゾート年間入場者数が約3000万人らしいので、そこから計算してみます。

計算の結果、35万人/3000万人=1.16% になりました。1日の当選者数は約500人といったところでしょうか?

確率1%というのはジャンボ宝くじの6等(3,000円)を1枚のくじで当てるのとほぼ同じ確率です。

ただしこの計算結果は1人単位の計算で、実際は殆どが複数名のグループ当選であることを考えると、確率はこれよりもさらに低くなりそうです。

何気なしに当たったことを喜んでましたが、かなりの幸運だったみたいです。ありがたや~。

 

ハピエストサプライズの当選者の特徴まとめ

私達がディズニーリゾートにいた2日間で見た・聞いたハピエストサプライズの当選者について特徴や時間帯についてまとめてみようと思います。

■ドナルドの甥っ子「ヒューイ」「デューイ」「ルーイ」のコスプレをした女性3人
ディズニーシーで見かけたグループです。このグループには貰った状況などを直接聞かせてもらうことができました。貰ったキャストさんは不明ですが、当選時間は午前中、当選内容はファストパスチケットだったそうです。友人同士の3人組で、とても楽しそうにディズニーを楽しんでいるのがわかりました。

■おひとり様
この方はオープン直後の9:30頃、ワールドバザールにてセキュリティのキャストさんからハピエストサプライズを受け取っていました。数時間に一度発生するハピエストセレブレーションの紙吹雪と音楽が鳴り始めたタイミングだったと記憶しています。結構な人混みではありましたが、みんな紙吹雪を見るのに夢中で意外と目立ってはいないようでした。

■家族3人(両親+ベビーカーに乗った子供)
この方はプラザパビリオン・バンドスタンドのスーパードゥーパー・ジャンピンタイムを待っている最中に受け取っていました。キャストさんはメイド服?だったと記憶していますが、2人組のキャストさんから受け取っていました。

■女性3人組
れすとらん北斎のディナー招待が当たったそうです。

■外国人グループ7~8人
ポップコーンの無限引換券が当たっていました。意気揚々とメンバーで引換券を順番に使いまわしている姿が印象的でした。

こうしてみると人数も1人~8人、時間帯もバラバラのようです。推測ではありますが当選内容は当選する時間帯やグループ構成によって異なるような気がしています。

例えば・・・

ファストパスチケットやポップコーン引換券であれば午前中での当選(これらは夕方頃に貰っても旨味が少ない為)

ディナー招待であればお昼すぎ~夕方前での当選(夜の予定が決まる前?)

キャラクターぬいぐるみ等はクローズ前

女のお子さん連れはビビディ・バビディ・ブティックの招待券 等

※上記の予想は全て溺れる魚の根拠のない妄想です。

 

ハピエストサプライズの当選内容まとめ

当選した人たちのブログやtwitterをチェックしてみると、内容は実に多種多様なようです。

  • ポップコーンバケット引換券(ポップコーン1回分付き)
  • ポップコーン無制限交換券
  • ファストパスチケット(1回分)
  • ショーの優待観賞席
  • 各キャラクターのグリーディング(ミッキー・ドナルド・デイジー確認済)
  • ビビディバビディブティックの招待券(子供限定?)
  • 18000円相当の35周年記念ぬいぐるみ引換券
  • ダイアモンドホースシューの招待券
  • ブルーバイユーの食事券
  • レストラン櫻の食事券
  • ジャングルカーニバル招待券
  • れすとらん北斎の食事券

何が当たるかは、実際に当選してみないとわかりません。どれが当選したとしても、あのメダルがもらえただけで何故かとてもハッピーな気持ちになります。

メダルを持っているであろうキャストさんの特徴?

リゾート内で私達以外ににハピエストサプライズに当選したゲストの方ともお話をしたのですが、話を持ちかけてくれたキャストの方の共通点として、端末(スマホ?)とメダルを入れるためのポシェットを肩からかけていたという点がありました。

確かにキャストさんと撮った写真を確認してみると、ポシェットを持っていました。そして端末がつながっているであろうカールコードが付いています。

ただし、予定を聞いた後で他のキャストさんを連れてきたパターンもあるみたいなので、必ず当てはまるわけではないかもしれません。

 

f:id:QOLblog:20180503000108j:plain

 

ハピエストサプライズ当選の基準や当選するためのコツは?

ここまで、ハピエストサプライズ当選の確率や内容、キャストさんの特徴などを紹介してきましたが、最後に当選基準や当選のコツについて考えてみたいと思います。

当選のコツはキャストさんとの「雑談」にあり!?

当選した人のtwitterやブログを見ていると、ほぼ100%に近い割合で、何気ない雑談からハピエストサプライズ当選の流れが起きています。

私達も例に漏れず何気ない雑談から突然当選の話が飛び出しました。

これは当然のような話ですが実は結構重要な情報で、キャストさんと雑談をしない限りほぼ当選はないということです。

キャストさんたちはゲストを楽しませるプロの方々です。ハピエストサプライズ当選目当てで節操なく話しかけると、その雰囲気で目論見がバレてしまう?かもしれません。

ただ日常会話のように闇雲に話しかけるのではなく、アトラクションの場所やショーの観戦おすすめ場所・困っていること等質問してみると良いかもしれません。そこから雑談が盛り上がって・・・というパターンも十分あり得ると思います。

ディズニーの世界を目一杯楽しむ

リゾート内でメダルを付けている人、どの方々もディズニーの世界を楽しんでいたように思います。お揃いのキャラクターを模した服装で参加していたり、ペアルックのTシャツ、キャラクターのカチューシャにサングラス等々身に付けて子供のようにディズニーの世界に浸ってみましょう。サプライズの神様が微笑んでくれるかも・・・!?

逆にランドやシーの中で喧嘩していたり、つまらなそうに歩いていても当選は難しいでしょう。実際に喧嘩していたカップルが当選を逃したという話もディズニーファンの中で出てきているようです。

キャストさんも人間です。どういう人を選びたくなるかを考えるとわからないでもない話ですね。

人混みでは目立つので当選しにくい?

これは一概には言えませんが、当選した人の共通点として当てはまる部分が多いです。私達が当選した時間帯はちょうどドリーミング・アップが行われている時間帯で、自分達がいたエリアにはあまり人がいませんでした。

確かに大勢の前で当選して、それを見られてしまうとメダルを持っているであろうキャストさんがバレてしまう可能性がありますからね。人の少ないところで渡すのが都合が良いように思います。 

『誕生日シール』や『1st visit』シール・特定のグッズによる優位性は?

ネットで予測されていたり、私自身も「これはどうなの?」と思っていたのが『誕生日シール』『1st visitシール』です。

つけていれば有利に!?とも考えたのですが、メダルをつけてる人の中でつけていた人は見あたりませんでした。(私達は子供につけてもらっていました。)

なので、シールをつけているから優先的に選んでもらえる、ということは無さそうです。誰でも無料でもらえるものですしね。

他に、「ハピエストメモリーメーカー」等、35周年に関するグッズを付けているともらいやすいという情報もありますが、私が見た限りではそのような傾向は見られなかったように思います。

最後に

今回はハピエストサプライズの当選確率や当選基準について考察してみました。あくまでも溺れる魚の私見ですので、これからディズニーランドやシーに行く予定の方は参考程度にしてもらえればと思います。

何よりもせっかく行った夢の国、メダル欲しさにキャストさんを探してぶらぶらするよりも、思いっきり楽しんだ方がサプライズの神様が微笑んでくれるかもしれませんよ^^

これを最後まで読んでくれたあなたにもハピエストなサプライズがありますように☆