むこパパnote.

子育て・役に立つこと・自称愛妻家の管理人「ムコパパ」の雑記ブログです。

【幼児教室コペル】我が子が1歳クラスに通い始めて半年が経ちました。

幼児教室コペルの体験教室を受けて、実際に教室に通い始めてから早いもので半年が経ちました。小さいときほど子供の成長は目に見えるもので、ほぼ毎日と言っていいほど新しいことを吸収しているように感じます。初めは授業開始しても何も出来なかった我が子が、半年で成長した姿を見せてくれて、むこパパは子供の成長に感動してます。

今回は幼児教室コペルを無事半年継続できた記念に、コペルに通った効果?をまとめてみようと思います。ただ、この効果は子供の特性や先生との相性でも変わってくると思います。参考程度にしていただければと思います。

授業内容のまとめはこちらにあります。具体的な内容等に興味のある方はまずこちらををどうぞ↓ www.esora-note.com

評判通り?半年で子供だけじゃなく親も成長したような気がする

ネット上に公開されている口コミを見ると、幼児教室コペルはそれなりに評判がよかったのですが、むこパパ夫婦はどうも信用しきれませんでした。そこで、体験教室を受けてから本格的な受講を初めたわけですが、半年たった今、感想を一言で表すとすれば、

通ってよかった!

の一言に尽きます。通う本人がコペルを気に入ってくれたのが何よりも喜ばしいです。「今日、コペル行く人-?」と聞くと、満面の笑みで手を上げながら「はーい!」と返事をしてくれて夫婦でニヤニヤです←親バカ

先生は熱心に授業をしてくれる上、授業の後は子供への接し方や年齢に合った遊びやおもちゃの紹介なども豊富な経験や知識を踏まえて教えてくれます。授業後に先生とお話(雑談)する時間があるので、その時に気になることがあれば相談することができます。この時間が親にとってはありがたかったりします。

子供だけでなく、親も学ばなきゃいけないことがたくさんあるのを毎週感じながら楽しく授業を受けています。

褒めるのが上手になった!

コペルの教育方針は、遊びを通して心と脳を育て、子供の天才的潜在能力を笑顔と共に伸ばしていく、というものです。その方針通り、コペルでは先生が子供を叱ることは絶対にありません。むしろ褒め倒します。先生だけでなく周りの親御さんも一緒になってひとりの子供を順番に褒めちぎります。先生曰く、小さい頃の褒めちぎりが、子供の自己肯定感を育てるためにとても大切なことなんだそう。叱ったり、厳しく育てるのは大きくなってからでも十分できるし、小さい頃は叱られても子供は理解できないそうです。

うちの子って天才かも!?

そう思ったら、「○○くん、すごいね!天才!」と思ったことをそのまま直接子供に対して投げかけてあげる。ポジティブな感情をそのままストレートに伝えるということは恥ずかしくてなかなか慣れないですが、繰り返すうちに慣れてきます。この褒め倒しが子供の自信に繋がっていきます。

器用さUP!?指示行動やものまねなどがかなり出来るようになった

コペルでは歌や簡単なお遊戯を通して指示行動を子供にインプットしています。我が子は指示行動やオウム返し、ものまねが得意みたいです。「鼻!」というと自分の鼻を指さしてくれたり、犬を見かけると「ワンワン!」と鳴き声を真似したりします。これはコペルでやっていた遊びの中に指示行動が含まれていたからです。授業中先生の指示通りに行動できた時には思いっきり褒めてあげているので、褒められることを期待して子供が自発的に動いてくれているような気がします。

お片つけやゴミ捨てなんかも毎週コペルでやるので、お家の中でも自発的にやってくれるようになりました。親としてはとても助かります。その他、私達夫婦が驚いたのは箸の持ち方。練習用の箸を使いたがっていたので、2~3回持ち方を教えてあげただけである程度使えるようになりました。子供の成長というのは本当にすごい!お父さん毎日感動だよ!

集中力UP!?50分の授業に集中する力も付いてきた

コペルの授業は3歳までは50分授業、4歳からは60分授業になります。50分授業といえば、小学校の一限より長い時間です。その長い時間、1歳の子供を椅子に座らせっぱなしで集中できるの?と思っていましたが、通わせるうちに慣れてきました。2~3分で教材が切り替わるスピード感で時間を忘れてくれるのもあるのかもしれません。

コペルで50分集中できる力がしっかり養えれば他の場面でも役に立つ集中力が身につくと思います。ちなみに我が子は、家の中で英語の映像(30分程度)を毎日見せるようにしているのですが、椅子に座ったまま最後まで見る集中力が付いているみたいです。DVDを見せてる間に家事をこなしたりできる親としてはとても助かります。

コミュニケーション能力UP!?クラスの友達との接し方もわかってくる

ひとりっ子だったりすると、幼稚園や小学校に入学した時に他の子供とうまく遊べるか不安になったりすることと思います。コペルは最大6人の少人数クラスですが、子供同士は隣り合わせで座って授業を受けます。子供同士のやり取りを後ろから見ていると大人の世界と似たところがあってなかなか面白いです。

新しい子が入ってきたとき、古参のメンバーはしっかりお兄さん・お姉さん顔で授業を受けます(全員同い年です 笑)。初めての授業で何をしていいかわからない子に対して、「こうやるんだよ!」とでも言うかのように、張り切ってお歌や手遊びをしてみせます。言葉はまだ話せないはずなのに、新しい子にしっかり伝えようとしている姿が頼もしくまた面白いです。

授業の前後でもペコリとお辞儀をしてしっかり挨拶をしたり一緒に遊んだりして、子供同士のコミュニケーションについてもコペルを通して学べているような気がします。しばらく幼稚園に通わせる予定のなかったむこパパ一家にとってはとてもありがたい時間です。

ここが「ウーン…」 授業中、他の子供につられて遊んじゃうことがある

今まで良いところばかりお伝えしてきましたが、もちろん「ウーン…」なところもあります。それは多人数教室ゆえのデメリットです。やんちゃな子が教室に1人いると、授業中でも躊躇なく走り回ったり、テーブルの上に上がったりしちゃいます。その行動を子どもたちが「やってもいいことなんだ!」と認識してしまうと、あとは…雪崩現象です…(苦笑)

1人、また1人と走り回り始めると教室は(というか親御さんは)混乱を極めます。もちろん真面目に授業を受けているしっかりした子供もいるので先生は授業の手を止めることはありません。親はどうやって子供を授業モードに戻すか悪戦苦闘です(笑)

子供によって得手不得手があるのは当然!個性をしっかり認めて、「比べない」事が大切

我が子は指示行動やものまねは得意ですが、パズルや絵合わせ・色の認識が苦手みたいです。他の子は音遊びが苦手だったり、パズルや絵合わせは得意だったりします。同じ年齢・月齢でも子供によって、出来ること、出来ないことが全然違います。

あの子は〇〇がもう出来てたのに、うちの子はなんで出来ないの!?

初めのうちはこんな焦りがありましたが、いろんな子供を見ているうちにこれも子供の個性なんだと受け入れる心の余裕が出来ました。比べることなく、親と子として向き合い、あくまでも子供が今できることを褒める。出来ないことは焦らずじっくり一緒に取り組んであげることが子供の能力を最大限に伸ばす秘訣みたいです。

これから子供がどう成長していくのかが楽しみ

我が家ではコペルはまだ継続して受講するつもりです。これから1年、2年と継続していくうちに子供がどう変わっていくのか成長が楽しみです。

チビちゃんよ、大志を抱け!

という今思いついた言葉で今回のレポートを締めようと思います。 ではでは!