むこパパnote.

子育て・役に立つこと・自称愛妻家の管理人「ムコパパ」の雑記ブログです。

実体験から学んだ、始めたてブロガーが罠にはまる前に知っておいて欲しいたった1つの合言葉

去年の2月にブログを初めて早くおも1年が経とうとしてます。見よう見まねで始めたブログでしたが今では約30000PV/月という大台に乗る月もあり、本当に感謝しかありません

その月によって更新が多かったり、ゼロだったりと更新の頻度にかなりムラがありましたが、なんとか50記事ほど書くことができていて、辞めることなく続けられています

1年で50記事、平均すると週に1記事というかなり遅いペースですが、何をしても長続きしない飽きっぽいむこパパにしてはかなり頑張ってます

この1年を振り返ってみると、ブログ更新のモチベーションが下がったときにやめることなく続けられたのはある1つのことを意識していたからです

ブログを続けられたのは『どうせ誰も読んでない』精神のおかげ

ブログを始めた頃は、

こんな記事書いても、誰も読んでくれないんじゃないか?
内容が過激すぎて炎上したらどうしよう・・・

本当にいらんことばかり考えてたと思います。思考をこねくり回すうちにどんどん更新が滞っていきます

悩むこと数日…「これだ!」と決めて意を決し、1週間近くかけて会心の1記事を繰り出す。

すると何が起こると思います?

マジでびっくりするほど反応がないんです!!!

アクセス解析を見ても、googleアナリティクスを見ても5PV/日あればいいほう。

「・・・こんなに頑張ったのに???」これでガッツリモチベーションが下がって意気消沈。ブログをやめる理由が頭をよぎります

才能が・・・
ネタが・・・
時間が・・・

そんな時、仕事の出張で移動中の新幹線の中で読んでいた本の中にこんな一節がありました

楽しむのがブログの醍醐味です。ラストのボスを絶対倒すぞという「覚悟」を決めて、でも最初から結果なんかでないという「気軽な」気持ちで始めることが長続きする秘訣だと思います。

引用元:「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」染谷 昌利 著 出版社:インプレス

まさに胸をつかれるような一節

ブログを初めて数ヶ月、楽しいと思うこともなければ気軽な気持ちで更新したこともありませんでした

失敗しちゃいけない。
完璧な記事を書かなくちゃいけない。
アクセスを集めなくちゃ意味がない。

振り返ってみるとこんな事ばかり考えていたんです。これじゃあ楽しくないし、続くわけない。自分で自分を追い詰めてました

それにブログは本と違って、リライトもできれば気に入らなければ記事を削除することだってできます。はじめから完璧を求める必要なんて全くなかったんです

そこでこれから先、楽しくブログを続けるために、合言葉を決めました

それが「どうせ誰も読んでない」です。

ネタを考えるとき、ライティングをしてるとき、画像を用意しているとき、常に頭の片隅にこの言葉を置いておくようにしました。この記事を更新している今もちょっとだけこの言葉を意識してます

この言葉を意識するだけで少し気楽にブログを更新することができます

"どうせ誰も読んでない"から、こんなネタも書いてみよう!
"どうせ誰も読んでない"から、ちょっとこだわりすぎるのをやめよう!

そんなふうに考えながら、ブログ更新を続け1年。50記事を書ききることができました

ブログはとにかく習慣になるまでが大変

私もまだまだ習慣化できているわけではないので自戒を込めて書いていますが、ブログは何より習慣化するまでが大変です

習慣になっちゃえば、更新しないことが逆に気持ち悪い境地に達するはずです(たぶん)

むこパパは「誰も読んでない」をより実感するために、Twitterを使って積極的につぶやくようにしてみました

Twitterはタイムラインがものすごいスピードで流れているので、「イイね」がつかなければ本当に誰にも読まれてないのを実感することができます。逆に言えばプレッシャーから開放されて気軽にツイートする感覚を養うことができます

だからこそ、どんどん呟けるし、ガンガンツイートを消すことができます。Twitterは上限140字ですから、時間もたいしてかかりません。SNSの気軽さを実感するには最適なツールです

そんなこんなしてるうちに、ツイートの中にも反応のいいものがちらほら見つかったりします。最近はそこを深掘りしてブログにするようにしてます。

Twitter独特の気軽さを少しずつブログに移行できれば、ブログも気軽にガンガン書けるはずです!

ごちゃごちゃ考えすぎちゃって、ブログがなかなか更新できないそんなあなたに送るむこパパからのプレゼント。 というわけで、今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉」でした