溺れる魚の絵空note.

子育て・役に立つこと・管理人「溺れる魚」の雑記ブログです。

月々の楽天カード支払いがいつの間にかポイント使って支払えるようになってたのでまとめてみた

f:id:QOLblog:20180921073041p:plain

日々ポイントサービスを拡充してくれているポイント帝国、楽天がまたやってくれました。

楽天証券のポイントによる投資や、カード払いによる投信の積み立てに続き、今月から月々のカードの支払いがポイントで出来るようになったみたいです。

楽天ポイントマスターの方々に言わせれば、「素晴らしい!」の一言に尽きるこのリリース。

なんと言っても、手に入れたポイントを消化するために次に買うものを考えず、そのまま支払いに利用できるのですから!

今回はそんな月々のカード支払いのポイント支払いサービスに付いてまとめてみます。

「楽天カード ポイントで支払いサービス」とは

「楽天カード ポイントで支払いサービス」は、「楽天カード」の月々のお支払い金額に「楽天スーパーポイント」を充当できるサービスです。1回の手続きにつき50ポイントから最大500,000ポイントまで利用することが可能です。

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000035783.html

聞いて名の通り、楽天でためたポイントを楽天カードの支払いに利用できるサービスです。

「楽天で貯められるポイントなんて大したことない」、と思うかもしれませんがそんな事はありません。

溺れる魚は昨年2017年の1年間で、楽天ポイントを16万ポイント以上貯めました(期間限定ポイント含む)。えぇ、現金はありませんがポイントだけならプチ富豪です。

年間100万円楽天カードを使用すれば、通常ポイントが1万ポイント付きます。100万円の支払いを実質1%引きの99万円で支払うことが出来ます。

これって地味だけど、すごいことなんです。

現在、大手銀行の普通預金の利息はおおよそ0.001%です。100万円を1年間預けても10円しか利息が付きません。

しかし普段生活に使う支払いをカードに変えるだけで、年間1万円分も節約できることになります。

楽天ポイント払いの受付は2018年9月分から可能です。

ただし、受付に期限があるので注意が必要です。

申込みは毎月12日から20日の間に行わなくてはなりません。
※一部引き落とし口座によっては12日から15日まで

↓↓↓自分の口座の申込期限が15日なのか、20日なのかはこちらから
ポイントを月々のお支払いに!ポイントで支払いサービス|楽天カード

ポイント払いの申込みのしかた

ポイント払いの条件としては以下の2点が必要です。

  • 楽天カードを利用している
  • 楽天e-naviに登録している

PCかスマートフォンのどちらかから楽天e-naviにログインしたら、以下の場所から申し込みが行なえます。

■スマートフォン f:id:QOLblog:20180922071036j:plain

■PC f:id:QOLblog:20180922071257p:plain

(申し込み方法の詳細は後日更新予定)

ポイント払いの際の注意点

とても便利な楽天ポイントでのカード支払いですが、注意点がいくつかあるので紹介しておきます。

会員ランクによって支払い金額に使用上限がある

各会員が1ヶ月に申し込みできるのはカード単位で毎月5回までで、1回の利用で利用できるポイント数と1ヶ月に利用できるポイント上限に限りがあります。

楽天会員には「レギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンド」の5つの会員ランクがあり、ダイヤモンドか否かによってポイント使用数に制限があるようです。

■1回の手続きで利用できるポイント数
 ダイヤモンド会員:50~500,000ポイント
 ダイヤモンド会員以外:50~30,000ポイント

■1カ月に利用できるポイント上限
 ダイヤモンド会員:500,000ポイントまで
 ダイヤモンド会員以外:100,000ポイントまで

月ごとのポイント上限だけでなく、1回の手続きで利用できるポイント数にも限りがあるので注意が必要です。

例えば、100,000円分ポイントを使いたい場合、ダイヤモンド会員は100,000ポイント一気に申し込むことが出来ますが、それ以外の会員は25,000ポイントずつ4回に分けて申し込みする必要があります。 ちょっと面倒ですね。

ちなみに利用上限は、買い物の際に利用した楽天ポイント分が差し引かれます。

ダイヤモンド会員の方が前月の買い物の際に10,000ポイント使っていた場合は、利用上限が490,000ポイントになるということです。注意してくださいね。

ポイントで支払えないものもある

ポイントでは支払えないものもあるので注意が必要です。

■カードキャッシングの融資金および利息

これだけはポイント支払いができないようです。これができちゃうと利息回収の意味で色々と都合が悪いのでしょう。たぶん。

使用できるポイントは通常ポイントのみ

通常ポイントと期間限定ポイントに分かれている楽天ポイントですが、期間限定ポイントは使用することが出来ません。

期間限定ポイントはその殆どが次月末に失効してしまいます。本当はこちらをいかにうまく消化するかが楽天ポイントを効率よく利用できるかのカギなのですが、今回も期間限定ポイントは使わせてもらえませんでした。残念。

期間限定ポイントの上手な使い方は近いうちに記事にしてみようと思います。

ポイント払いのここがスゴイ

ポイント払いによって、付加されるポイントの減額はない

今回新たに追加されたポイント払いは、利用しても付加されるポイントは減らないそうです。

極端な例ですが、例えば1000,000の買い物をしてそのうち500,000円をポイント払いしたとしましょう。

この場合、現金で払ったのは実質500,000円です。なので「付加されるポイントは5,000ポイント?」と思ってしまいそうですが、ポイントはちゃんと1000,000円の買い物に対して付く、ということです。つまり、しっかり10,000ポイントが付加されます。

さすが楽天さん、太っ腹ですね。

楽天totoなんかもポイント払いが実質可能に

今まで、楽天totoの支払いはクレジットカードか楽天キャッシュに限定されており、楽天ポイントは使用することが出来ませんでした。

しかし、今回付加されたこの仕組を利用すれば、楽天totoも実質ポイントで支払うことが可能になります。

毎月1枚 totoBIGを買っている人がポイント払いをしたいのであれば、totoBIG 1枚 300円分を月々の支払いから引いてしまえば良いのです。

使えるのは通常ポイントのみですが、くじをポイントで払いたいという人にとってはラッキーな仕組みですね。

楽天DEALと組み合わせると大幅値引きが可能に

個人的には今回のポイント払いによる最大のメリットはここだと思っています。

楽天DEALを知らない方のために説明すると、楽天DEALとは商品の購入金額の一部がポイントで還元される仕組みです。

その還元率は最大50%で、これが通常ポイントで付加されます。

そう、通常ポイントです。カード支払いのポイント払いに利用できるポイントです。

つまり、カードの支払をポイント払いにしてしまえば、実質の割引と変わらないということです。

楽天DEALを眺めていると、時々200,000円の時計が50%キャッシュバックで販売されていたりします。

例えば、前から欲しかった時計で、キャッシュバックを加味するとだいぶお得な買い物だったとします。

そんなときは次月のカードの支払いでポイント払いを利用してしまいましょう。

購入の次の日にはDEAL購入分の通常ポイント100,000ポイントがもらえているはずです。

そのポイントをカードの支払いに割り当てれば、実質支払いが100,000となり、半額で購入可能となります。

さ・ら・に! 買い物の際に余っている期間限定ポイントを使用すれば更に安く購入することが可能になります。(ダイヤモンド会員なら上限500,000円まで)

楽天DEALに狙い目のの商品が販売されているのを見かけたら是非とも試してみてください。

楽天ポイントをうまく利用して、お得に買い物をしていきましょう。

今回のリリースにとどまらず、楽天ポイントには更なる拡充を期待しましょう。
・・・特に期間限定ポイントの有効利用方法を私達にください!

と、楽天さんに向けての希望を叫んで、今回の記事を終わりにしたいと思います。

ではでは。